宮城県の強豪少年野球チーム紹介

太白ジュニアメッツ
太白ジュニアメッツは、宮城県仙台市立太白小学校のスポーツ少年野球チームです。
2009年度の成績は、3期、3年連続太白区代表、仙台市学童BEST4、読売杯準優勝など、全85試合中61勝20敗4分「勝率75%以上」と確かな足跡を残しています。
また2009年度は、太白区学童予選、山田社明大会、太白リーグ新人大会、第1回太白区スポ少交流大会など多くの少年野球大会で優勝を果たしました。

臨空ベースボールクラブ
臨空ベースボールクラブは、2008年4月、幼児から社会人まで同じチームで活動できるヨーロッパ型クラブチームを目標に創設した少年野球チームです。
2008年4月にキッズベースボールクラブROOKIES(年中~小3)を立ち上げ、2008年7月少年硬式野球チーム名取JETSを設立しました。2009年4月よりROOKIESは高学年の会員を受入れて、クラブチームとして少年野球の大会に参加しています。
臨空ベースボールクラブは、仙台空港を中心に仙南地区という地域に根差した組織づくりを行っている少年野球チームです。臨空ベースボールクラブでは、クラブ会員それぞれが、その年代の成長発達に相応しいプレーが身に付くよう指導しております。

成田オーシャンイーグルス
成田オーシャンイーグルスは、2008年8月に結成された宮城県富谷町成田の軟式少年野球チームです。
子供たちが富谷の地から山河を越え大地を駆け巡り、大海原へと勇往邁進し大空高く夢と希望を胸に未来へ羽ばたいてほしいという願いから、「成田オーシャンイーグルス」と名づけました。
2009年度には、八幡原37周年記念大会、松島夏休み大会において、ともにブロック準優勝を果たしました。
成田オーシャンイーグルス(2008年8月結成、軟式少年野球)は、少年野球を通じ、礼儀・挨拶の出来る子供を育成するとともに、少年野球を野球のスタートと考え、基本を重視し、体力と技術向上を目的とした指導を行っています。



強豪チームは常に安定した成績を残しているのですが、どういった練習方法・指導方法をしてるのでしょうか?同じ年齢の少年を指導しているのに、常勝チームと勝てないチームでは、どうしてここまでの差が出来てしまうのでしょう?

その秘密はここにありました。
>> 元プロ野球選手がDVDで練習方法を解説。常勝チームの強さの秘密に迫ります。
最新記事
検索フォーム
スポンサードリンク