福井県の強豪少年野球チーム紹介

木田ネイビーブルーズ
木田ネイビーブルーズは、福井県福井市の木田小学校の児童で構成された少年野球チームです。
高円宮賜杯第29回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメントでは、木田ネイビーブルーズは予選大会を制し、福井県代表として2年連続3回目の全国大会出場権を獲得した強豪少年野球チームです。
木田ネイビーブルーズの強みは、常に安定した打撃力にあります。大量2桁得点こそ少ないですが、どんな試合でもとくてんるべきところで得点しています。
木田ネイビーブルーズの安定した打撃力は、福井市春季学童野球大会決勝トーナメントで優勝していることからも推し量られます。

織田JBC(Junior Baseball Club)
織田JBC(Junior Baseball Club)は、福井県越前町織田地区にある、織田小と萩野小の子供たちがメンバーの少年野球チームです。
2009年7月に行われた丹生ライオンズクラブ杯学童野球大会で、織田JBC(Junior Baseball Club)は決勝戦での点の取りありの末、見事初優勝を飾っています。
織田JBC(Junior Baseball Club)は、高円宮賜杯第29回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント丹生郡大会、第3回越前町長杯学童野球大会で準優勝を収めている強豪少年野球チームです。

三国南ライナーズ
三国南ライナーズは、福井県坂井市三国町の小学生を中心に構成された少年軟式野球チームです。
2009年の三国南ライナーズは、高円宮賜杯第29回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメントで県大会へ進出し、第1回三国杯優勝、第22回ろうきん杯坂井市予選でも優勝し県大会への出場権を獲得、第40回福井県知事杯ではベスト8進出を果たした強豪少年野球チームです。



強豪チームは常に安定した成績を残しているのですが、どういった練習方法・指導方法をしてるのでしょうか?同じ年齢の少年を指導しているのに、常勝チームと勝てないチームでは、どうしてここまでの差が出来てしまうのでしょう?

その秘密はここにありました。
>> 元プロ野球選手がDVDで練習方法を解説。常勝チームの強さの秘密に迫ります。
最新記事
検索フォーム
スポンサードリンク