大分県の強豪少年野球チーム紹介

別府オリオンズ
全国約600チームが加入している日本少年野球連盟、通称ボーイズリーグに所属している別府オリオンズ。
高校野球やプロ野球を目指す、本気で野球がしたい!そんな真剣な思いを胸に毎日練習に励んでいる少年野球チームです。事実、ボーイズリーグのOBにはプロ野球選手を多く輩出して、大リーグで活躍する選手もいます。
団結・友愛・規律・勇気・忍耐など無理やり教え込むのではなく、野球をしながら自然に身につけよう!という考えがあります。『青い海に広がる緑豊かな山々で育ち日々練習に励み大旗に夢広がる』しかし、夢を夢のままに終わらせるのではなく将来を視野に入れて毎日練習に励んでいる少年野球チームです。

東大分少年野球クラブ
『常勝!礼儀・元気・やる気!』をテーマに本気の練習は夢をあたえてくれる!と練習に励んでいる少年野球チームです。2009年の通算成績は45勝28敗2引分で、2008年秋季ベースリーグ優勝するなど優秀な成績を収めています。
努力は必ず報われる。報われない努力があるとすればそれはまだ努力とは呼べない。積み重ねろ努力!球春は近い!という教えもあり、みんな練習に一生懸命です。また『基本中の基本、キャッチボールで夢をかたろう!』という言葉でも分かるように、野球に慣れていない初心者にも優しく一から教えてくれます。2010年は6勝10敗1引分とまだ負が先行していますが、始まったばかりなので少年野球チームの今後に期待したいです。


西の台野球スポーツ少年団
礼儀、挨拶、感謝の気持ちを常に持ち、練習・試合は“気合一発・夢連発”というチームポリシーのもと練習に打ち込んでいる少年野球チームです。21年度の通算成績は114勝17敗2分でそのうち公式戦の結果は29勝6敗というすばらしい結果を残しています。春季西部リーグ、春季新人戦、SJリーグ、スポ少秋季大会など数多くの公式戦で優勝している実績のある少年野球チームといえそうです。しかし実績があるといっても小学2年生以上なら参加が可能で、今年も心一つに全員野球を目指していて3月20日開幕のスポ少春季大会に向けて気合が入っている少年野球チームです。


強豪チームは常に安定した成績を残しているのですが、どういった練習方法・指導方法をしてるのでしょうか?同じ年齢の少年を指導しているのに、常勝チームと勝てないチームでは、どうしてここまでの差が出来てしまうのでしょう?

その秘密はここにありました。
>> 元プロ野球選手がDVDで練習方法を解説。常勝チームの強さの秘密に迫ります。
最新記事
検索フォーム
スポンサードリンク