熊本県の強豪少年野球チーム紹介

熊本南リトルリーグ
まだまだ結成されて間もない少年野球チームですが、なんと全国選抜野球大会の九州予選で見事優勝を果たしました。
硬式野球を通じて体力の向上、団体生活の規律と精神を養う一環であると考えており選手諸君の若さあふれる真剣なプレイに大きな期待を寄せています。試合に勝つことも大きな目標ですが、チームが団結して最後まで戦い抜き、勝ちの喜び、負けの悔しさを学び、お互いの信頼関係を築くことが、人生の尊い体験になると考えています。
結成して3年を向かえ、ますますの飛躍が期待される少年野球チームです。


熊本ヤングBBC
熊本ヤングベースボールクラブは全日本少年硬式野球連盟(ヤングリーグ)に所属する中学生対象の少年野球チームです。
熊本ヤングBBCは高校に繋がる野球を指導しています。硬式野球に興味がる、小学6年生~中学2年生まで参加資格があります。野球に興味のある女子の参加もOKです。年間通して8大会に参加を予定しており、練習試合も積極的に交流しています。 定期的に大学生による学習指導もあり、野球以外の向上も見込まれます。地域のボランティア活動にも参加しています。
野球殿堂入りされた村田兆治氏から激励をうけたこともあり、監督、選手共々気合が入っている少年野球チームです。


八代リトル&八代リトルシニア
熊本県八代市の小学生・中学生の少年硬式野球チームです。
小学生中心の八代リトルは、韓国との韓日親善少年野球大会に参加したり、パンチ佐藤さんによる野球教室などの貴重な経験を生かし、練習に励んでいる少年野球チームです。
また2007年には日本リトルリーグ九州連盟の稲尾会長旗争奪大会で優勝するという実力も兼ね備えています。
八代シニアは中学生の部で、昨年は沢山のプロ野球選手を教え子に持つ、比屋根先生に直々に指導を受けるなど貴重な体験を生かして県民共済杯は準優勝することが出来た少年野球チームです。


強豪チームは常に安定した成績を残しているのですが、どういった練習方法・指導方法をしてるのでしょうか?同じ年齢の少年を指導しているのに、常勝チームと勝てないチームでは、どうしてここまでの差が出来てしまうのでしょう?

その秘密はここにありました。
>> 元プロ野球選手がDVDで練習方法を解説。常勝チームの強さの秘密に迫ります。
最新記事
検索フォーム
スポンサードリンク