千葉県の強豪少年野球チーム紹介

宮台野球部
宮台野球部は千葉県市川市北部、宮久保・下貝塚地区の宮久保小学校に通う子供達を中心に構成された軟式少年野球チームです。  
第1回市川市第4地区子供会野球大会開催に向け、地元の父兄と子供達が中心となり「宮久保台子供会野球部」としてスタートしました。
野球というスポーツを通じて、子供達の「基礎体力の向上」と「健康で明るく元気な子供達の育成」を基本方針に、1人でも多くの子供達に『野球』の楽しさとすばらしさを教えて行きたいと考えている少年野球チームです。


市原ポニーベースボールクラブ
市原ポニーベースボールクラブは市原市及びその周辺の中学生によって構成される少年野球チームです。
中学生の体に合った、無理のないグランドサイズで、楽しく野球が上達します。
成長期にある子供の体格にあわせて一般の硬式野球より一回り小さい13~14歳向けの距離です。
実戦を重視し、1年生から公式試合に出場できるチャンスがあります。
卒部生には石井弘寿(東京ヤクルトスワローズ)選手がいる強豪少年野球チームです。


市川南スパローズ
市川南スパローズは1985年創設、市川市の中心地の少年野球チームです。
活動方針は 少年野球を通じて健康で礼儀正しい子供たちを育てることをベースに野球の基本をしっかりと指導することにあります。
市川南スパローズでは 小学生時代の野球に一番必要なのは基本をしっかりと覚えるとです。
決してファインプレーではなく、しっかりとした確実なプレーを体で覚えることだと考えています。
スパローズOBの天川大勢がレギュラーで出場している東海大望洋が秋季大会関東大会でBest4へ進出しました!
『甲子園へ出場しよう!』を目標に、日々練習に励む少年野球チームです。


強豪チームは常に安定した成績を残しているのですが、どういった練習方法・指導方法をしてるのでしょうか?同じ年齢の少年を指導しているのに、常勝チームと勝てないチームでは、どうしてここまでの差が出来てしまうのでしょう?

その秘密はここにありました。
>> 元プロ野球選手がDVDで練習方法を解説。常勝チームの強さの秘密に迫ります。
最新記事
検索フォーム
スポンサードリンク