長崎県の強豪少年野球チーム紹介

佐世保リトルリーグ
1975年に創部された佐世保中央リトルリーグは現在人数29名の少年野球チームです。
2006年に全日本選抜九州連盟予選大会で優勝し、全国選抜大会出場も果たしている。
2009年には秋季九州連盟大会新人選優勝、グリーンライオンズ旗争奪大会優勝、全日本選手権九州連盟大会優勝、そして全国選手権初出場するなど、輝かしい成績を収めています。チームは現在6年生が3名、5年生が4名、4年生が10名とまだまだこれからの選手が多く益々頼もしい少年野球チーム になりそうです。


長崎南リトルリーグ
昭和54年に結成され『明るく、楽しく、礼儀正しく、野球の面白さを伝える』をモットーに泥と汗にまみれて元気に練習に励んでいる少年野球チームです。
長崎南リトルリーグはただ試合で勝つことだけを目的とする少年野球チームではなく野球を通じて、勝利への闘争心、積極性、チームプレーの価値、そして適切な指導の下に頑健な肉体の鍛錬、 及び子供仲間同志の健康的で社交的な交友をはぐくむことの大切さを教える…少年期をおくる上で とても大事な経験ができそうな少年野球チームです。今後の活躍に期待です。


大村クラブ
大村クラブは1973、昭和48年に結成された少年野球チームです。大村市内の色々な小学校に 通う野球が大好きな子供たちが集まり、市内の小学校や球場で週に4日(水、金、土、日曜)練習を行っています。クラブの目標は『みんなで勝つ野球』『なんでも1番になる』ということです。しかし、勝つためにただ厳しく練習を するのではなく、挨拶ひとつから、勝つために何事も一生懸命に取り組む姿勢、チームの一員としての自覚を大切に、勝つ野球を目指しています。
『一致団結、努力あるのみ』そんな精神で頑張っている少年野球チームです。





強豪チームは常に安定した成績を残しているのですが、どういった練習方法・指導方法をしてるのでしょうか?同じ年齢の少年を指導しているのに、常勝チームと勝てないチームでは、どうしてここまでの差が出来てしまうのでしょう?

その秘密はここにありました。
>> 元プロ野球選手がDVDで練習方法を解説。常勝チームの強さの秘密に迫ります。
最新記事
検索フォーム
スポンサードリンク