北海道の強豪少年野球チーム紹介

三石リトル野球協会
北海道日高郡新ひだか町三石で活動している少年軟式野球チームです。
平成21年度のチームは、6年生が7名、5年生以下8名と人数は少ないのですがチームカラーである守備を中心とした守りの野球で少ないチャンスを機動力を活かしたチームです。
5年連続全道大会出場という快挙を達成した北海道の強豪少年野球チームです。


幌南ファイターズ
くりくり少年野球全国大会で優勝したこともある強豪チームです。
今年のチームは昨年の無敵チームの反動で勝率5割の弱いチームで1度も優勝する事なくシーズンが終わってしまいましたが、来年のチームは左右の安定した2枚の投手が入り、更に足の速い選手が揃っていますから来シーズンは非情に楽しみです。


宮の森グランドキング
昭和45年に結成され、宮の森小学校の児童を中心に活動する少年軟式野球チームです。
野球を通じ、勝つことの嬉しさ、負けたときの悔しさ等いろんなことを経験し、「スポーツ精神」・「目標に向かって努力」・「相手に対する思いやり」「我慢すること」・「友情」等々、沢山の大切なこと知ってもらい、健康で明るく、心身共にたくましい元気な子供を育てることを目的に頑張っています。


強豪チームは常に安定した成績を残しているのですが、どういった練習方法・指導方法をしてるのでしょうか?同じ年齢の少年を指導しているのに、常勝チームと勝てないチームでは、どうしてここまでの差が出来てしまうのでしょう?

その秘密はここにありました。
>> 元プロ野球選手がDVDで練習方法を解説。常勝チームの強さの秘密に迫ります。
最新記事
検索フォーム
スポンサードリンク